/

埼玉りそな銀行、融資でESG推進 中小企業を後押し

埼玉りそな銀行は10月1日から、中小企業のSDGs(持続可能な開発目標)やESG(環境・社会・企業統治)への取り組みを後押しするため、新たな金融商品の取り扱いを始める。事業者が環境保護などにつながる目標を達成すると、貸出金利を優遇する。

商品名は「ESG目標設定特約付融資~TryNow~」。融資金額は1000万円以上で、融資期間は2年以上。目標を達成した場合、金利を0.1%引き下げる。

目標は7項目から選択し、事業者ごとに設定する。例えば売上高・製造原価に占める燃料費や従業員の女性比率などで、前年比での改善を目指す。

大企業がサプライチェーン(供給網)全体でSDGsに取り組むなかで、中小企業も対応する必要性が高まっている。一方で、環境配慮などの目標達成度に応じて貸出金利を優遇する融資「サステナビリティ・リンク・ローン(SLL)」は外部機関からの評価が求められるなど中小企業にとっては利用のハードルが高い。埼玉りそな銀の新商品は同行が達成状況を検証することで、中小企業でも使いやすくした。

埼玉県とも連携し、SDGsに積極的な企業や団体を県が登録する「埼玉県SDGsパートナー」への登録も促す。事業者が目標を達成した場合、同制度への申請を埼玉りそな銀が支援し、地域全体で取り組みを加速させる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン