/

東京都の21年度末の貯金、2837億円に上方修正

東京都は16日、都の貯金に当たる財政調整基金の2021年度末の残高は2837億円になる見通しだと発表した。5月下旬の補正予算の編成後は、残高見通しを21億円としていた。中小企業が対象の制度融資の預託金の一部が使われずに戻ってくるなどの要因で上方修正する。ただ、19年度末までの水準に比べ大きく減る見通しに変化はない。

都は20年度の一般会計決算見込みをまとめる中で財政調整基金の残高見通しを修正した。20年度の都税収入が19年度決算と比べて5%減の5兆3498億円と新型コロナウイルス感染拡大による企業収益の悪化などで9年ぶりに減るものの、想定より減少額が小さかったことも財政調整基金の上方修正につながった。

都は20年度末の財政調整基金の残高見通しも見直した。従来は2511億円としていたが、5327億円の見込みに改めた。

都は4月25日から始まった3度目の緊急事態宣言で大型商業施設への休業要請などに対し財政調整基金を取り崩して対応してきた。一時的に残高見通しが21億円まで減ったが、今回の修正で当面の新型コロナ対策費を確保した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン