/

埼玉・川口市で科学イベント ノーベル賞受賞者も参加 

2016年のノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典・東京工業大学栄誉教授が理事長を務める公益財団法人大隅基礎科学創成財団(横浜市)は27日、埼玉県川口市で小中高生のための科学イベントを開く。埼玉大学や基礎生物学研究所の最先端研究者が講演するほか、大隅氏への「質問タイム」も用意。科学の実験・体験ブースも設ける。

会場は川口総合文化センター「リリア」で、科学イベント「小中高生と最先端研究者とのふれ合いの集い」を開催する。小中高生に科学の面白さを実感・体験してもらうのが狙い。参加費は無料だが、新型コロナウイルス感染防止のため、事前申し込みが必要。申し込みは財団ホームページ(https://www.ofsf.or.jp)から。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ノーベル賞

2021年のノーベル賞発表は10月4日の生理学・医学賞からスタート。5日に物理学賞、6日に化学賞、7日に文学賞、8日に平和賞、11日に経済学賞と続きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン