/

JR四国社長、愛媛知事を訪問 サイクルトレイン開始で

自転車を解体せず列車内に持ち込める「サイクルトレイン」が19日から予讃線の松山―伊予西条駅間で始まることに先駆け、JR四国の西牧世博社長は16日、愛媛県の中村時広知事を表敬訪問した。西牧社長は「サイクリングの振興と利用客の増加につなげたい」と話した。

土日祝日に上下線合わせて1日22本を6月末まで運行する。松山駅や今治駅など7駅で自転車を乗降でき、中村知事は今回の試験を足がかりに取り組みを広げてほしいと要望した。10月には国際自転車大会「サイクリングしまなみ」も開催予定で、サイクリストの誘致に向けた機運を高めたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン