/

長野・松本の競技場、陸上向けに特化 県が基本設計

長野県は16日、建て替えを予定している松本平広域公園(信州スカイパーク)陸上競技場(長野県松本市)の、基本設計を公表した。サッカーを開催することは想定せず、陸上競技向けに特化することで、客席の臨場感を高める。

周囲と一体化したデザインとする(完成イメージ)

客席は約1万5000席を用意しており、うち約7000席が屋根付き。走り幅跳びや棒高跳びをするレーンの位置や、スタンドの勾配などを工夫することで、競技を見えやすくする。

競技場は周囲の風景と一体化するような、特徴的なデザインとした。周りの景色を楽しめる展望デッキや、展示や物販などのイベントが開催できる広場も設置する。

事業費は約130億円。2022年度に現在の競技場を取り壊し、25年度の完成を目指す。28年度に長野県で開催する国民スポーツ大会・全国障害者スポーツ大会では、陸上競技のほか開会式・閉会式の会場となる予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン