/

OKIエンジ、群馬・伊勢崎市に車載部品の試験センター

OKI子会社のOKIエンジニアリング(東京・練馬)は16日、車載部品の耐久性試験を手掛ける「eモビリティテストセンター」を、群馬県伊勢崎市に開設したと発表した。車載カメラやセンサー、大型部品などの耐久性試験を外部の部品メーカーから受託する。

OKIの電線子会社の工場内にあった既存のテストラボの面積を2倍に拡張し、約3億円を投じて最新設備を導入した。正社員5人、派遣社員1人が業務にあたる。耐性評価の能力は拡張前と比べて1.4倍に増強されたという。電気自動車(EV)や自動運転技術などの普及に対応した試験設備をそろえ、拡大する需要に対応する。

電動化や自動運転、ネット接続など「CASE」と呼ばれる潮流に対応するため、自動車はセンサーやカメラの搭載が増えている。これらの部品は車外に露出していることも多いため、温度変化や圧力、腐食などへの耐性評価のニーズが高まっているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン