/

この記事は会員限定です

武蔵小杉、駅周辺の交流活発に 川崎市が施設整備

[有料会員限定]

川崎市は武蔵小杉駅周辺の住民交流を活発にするための事業を進める。市有地や道路を活用し、農業を核とした施設の建設や公園の整備、イベント開催を支援していく。大規模高層マンションの建設が一段落し、駅などのインフラ整備にもめどが立ったことから、地域の活性化に向けたコミュニティーづくりを推進する。

東レ建設(大阪市)などと提携し、2022年度中に市の旧総合自治会館の跡地約2900平方メートルに農業を核に子育...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り683文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン