/

日産、海老名SAにEVオーナー向けラウンジ 期間限定で

日産自動車は17日から、中日本高速道路(NEXCO中日本)と連携し、電気自動車(EV)オーナー向けサービスを東名高速道路の海老名サービスエリア(SA)などで期間限定で始める。同SAではEVオーナー専用の無料ラウンジを3月16日まで設置するほか、飲食店で1品サービスなどが受けられる。

日産車に限らずEVオーナーであれば、車の鍵と各メーカー公式の車両連携アプリを提示したら誰でもサービスを受けることができる。

海老名SAのラウンジ内ではハンバーガーやドリンクを無料で提供。海老名SAや厚木パーキングエリア、足柄SAの飲食店など21店舗では車両連携アプリを提示すると1品サービスなどが受けられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン