/

この記事は会員限定です

鳥取の大山ハム、生ハム・総菜に本格進出 新工場で量産

[有料会員限定]

大山ハム(鳥取県米子市)は生ハムと総菜に本格的に進出する。昨年来のコロナ禍で主力の業務用ハムの販売不振が続くなか、スーパー向けやネット販売などで一般消費者向け需要拡大を見込む。グループ会社の大山ファクトリー(同)が2022年7月に新工場を立ち上げるのを機に既存工場と合わせて量産体制を構築する。主力の熟成ハム・熟成ベーコンと並ぶ戦略商材に育てる。

業務用ハムはコンビニなどで売られているサンドイッチや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1119文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン