/

この記事は会員限定です

都市農業を支えるお隣さん 川崎市で6次産業化の動き

点照

[有料会員限定]

農産物の中では高値で流通することもあって、川崎市北部で近年、イチゴの生産者が増えている。現在、10戸ほどが栽培に取り組み、直売やイチゴ狩りに加え、近隣の農産物直売所、洋菓子店向けに出荷している。その中から生産、加工、販売を一貫して担う「6次産業化」の動きが出始めた。

安藤圭太さん(35)は大手旅行会社を脱サラし、遊休田を借りて2020年にイチゴ農園「スローファーム」を開いた。約2900平方メート...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン