/

この記事は会員限定です

3県地銀、浮かぶ有価証券リスク 米国金利上昇で

[有料会員限定]

神奈川・千葉・埼玉3県の地方銀行の2022年3月期決算が出そろった。本業が好調な地銀が多かった一方で、米国の金利上昇に伴う有価証券の評価損が増えており、外国債券などは早めの売却による損切りも相次いだ。地政学リスクなどによる市場の混乱などもあり、地銀の業績に有価証券リスクが浮かび上がってきた。

「米国の金利上昇の影響が大きく出ている。今期に持ち越さないため、外債など逆ざやになる利回りが低いものから...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン