/

この記事は会員限定です

岡山の井原精機、脱自動車依存へ事業多角化

[有料会員限定]

自動車部品の製造を手掛ける井原精機(岡山県井原市)が事業の多角化を進めている。技術を転用し、耐久性の高い消毒液スタンドを初の自社ブランド製品として発売。ものづくりの知見を強みに工場へのロボット導入を助ける事業も本格化した。若者の車離れや電気自動車(EV)シフトで自動車部品だけでは生き残りが難しくなる中、持続的な成長を図る。

井原精機は1944年の設立で、2021年3月期の売上高は114億円。自動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1046文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン