/

この記事は会員限定です

首都圏で広がる貨客混載 高速船や路線バスも

[有料会員限定]

バスや電車の空きスペースを活用し、乗客と一緒に荷物を運ぶ「貨客混載」の取り組みが首都圏で広がっている。新幹線や高速バスでの輸送にとどまらず、路線バスや船の定期便など、利用する交通機関も多様になっている。沿線・周辺の人口が減少し、乗客の運賃収入による利益確保が厳しくなる中で、各社とも新たな収益源として期待している。

伊豆諸島の大島から東京・港区の竹芝まで最短1時間45分。高速ジェット船が、大島の港...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1381文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン