/

この記事は会員限定です

新潟・北陸で養殖率上昇 日本海の荒波で食味向上

データで読む地域再生 信越・北陸

[有料会員限定]

海の幸が豊富な日本海でも養殖は増えつつある。北信越では大手企業が進出した新潟県が増加率でトップだった。日本海の荒い潮流で魚の食味を向上させている。海の環境が変化する中、福井県では温暖な海に生息する白身魚の養殖に挑戦。石川県はIT(情報技術)を活用し、国内最高級のトリ貝を育てている。

新潟県では日本水産子会社の弓ケ浜水産(鳥取県境港市)が2015年、佐渡島に事業所を開設、ギンザケとサクラマスを養殖...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1390文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン