/

この記事は会員限定です

鳥取県「優秀な牛売らないで」 ゲノム分析で囲い込み 

王座連覇狙う 鳥取和牛

[有料会員限定]

鳥取県で「鳥取和牛」の品質向上や市場拡大へ向けた取り組みに力が入っている。5年ごとに開かれる和牛の全国品評会で前回の2017年に肉質1位となった鳥取和牛。22年の開催まで1年を切り再び首位を取れるか。県や農家一体となりゲノム分析に基づく優秀な牛づくりや、流通も巻き込んだブランド力向上策が急ピッチで進む。

鳥取県伯耆町の木嶋泰洋氏は育ててきた雌の子牛「まめはくほう3」を売らないと決めた。「これは期待...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1557文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン