/

この記事は会員限定です

酒特区で6次産業化 川崎市、都市農業の可能性引き出す

データで読む地域再生 関東・山梨編

[有料会員限定]

消費地に近い関東・山梨でもワインを中心に酒特区を活用するケースが増えている。アクセスが良いことから栽培や醸造も体験できるワイナリーを開設したり、有機栽培を売り物にしたりと地域特性を生かした取り組みが目立つ。

神奈川県内では特区を活用したワインの醸造が始まったばかり。農業生産法人、カルナエスト(川崎市)は2021年7月、ブドウの栽培から醸造まで手掛けた初めての川崎産ワイン「蔵邸」を完成させた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1451文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン