/

この記事は会員限定です

松山銘菓、一六の玉置社長「地域連携で稼ぐ力を」

トップに聞く

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で人の動きが制限されるなか、観光客の減少で観光地で土産菓子などを手がける菓子メーカーも苦境にある。菓子製造販売の一六(松山市)も主力の「一六タルト」が土産や贈答用中心で打撃を受ける。同社の玉置剛社長にコロナ禍の影響と今後の戦略を聞いた。

――コロナ禍で経営環境にどのような変化がありましたか。

「観光客の減少で愛媛県内での販売は大きく落ち込み足元でも停滞が続く。ワクチン接種の普及...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り917文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン