/

東京・港区、夜間帯ワクチン接種枠 在勤在学者にも拡大

東京都港区は新型コロナウイルスのワクチン接種対象に区内在勤者・在学者を加える。19日から12月21日まで、毎週火曜夜に区内在勤者・在学者も対象としたワクチン接種を始める。区民向けに実施している金曜夜の接種でも区内在勤・在学者の予約枠を設ける。

「火曜ナイトエリア接種」は11月23日の祝日を除く毎週火曜の午後7時から午後10時まで東京グランドホテル(同区)で実施する。期間中に計約1000人分の2回接種枠を確保した。1回目接種の予約枠は11月16日まで。ワクチンはモデルナ社製で、すでに区や職域接種の会場で1回目接種を終えた人も専用サイトから予約できる。

すでに実施している金曜夜の「週末ミッドナイト接種」の予約枠のうち、午後9時から翌日午前0時までは区内在勤者・在学者も対象に加える。厚生労働省から職域接種の残余ワクチンを受け入れており、エリア全体として接種率の向上を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン