/

東北電力、電球とスマホで見守りサービス

東北電力は電球を使った高齢者などの見守りサービス「よりそう見守りでんきゅう」を始めた。トイレなどの電球の点灯状況を、離れて暮らす家族のスマートフォンに通知する。

電球のQRコードを読み取ることで、スマホのアプリに通知が届く

通信SIMを内蔵した発光ダイオード(LED)電球を用いることで、インターネット回線やWi-Fi環境がなくても利用できるのが特徴だ。電球に貼られたQRコードをスマホで読み取ることで、アプリとひも付ける。アプリはアンドロイドとiOS両方に対応し、インストールすれば複数の人で状況を確認することもできる。

例えばトイレが24時間以上消灯されていたり、長時間お風呂の電球が点灯し続いていたりすると、アプリに通知が届く。離れて暮らす高齢者の急な体調不良などに早期に気づき、安否を確認できる可能性が高まる。

サービス提供エリアは東北6県と新潟県を想定するが、同社との電気契約の有無は問わず全国から申し込める。

初期費用は電球の購入費として3280円(税込み)。月額638円(同)から利用でき、センサーやカメラを設置する一般的な見守りサービスよりも低価格に設定した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン