/

この記事は会員限定です

東北の酒特区、こだわり光るどぶろく多彩に 観光客呼ぶ

データで読む地域再生 東北

[有料会員限定]

コメやブドウ、リンゴといった酒の原料となる農産物の生産が盛んで、きれいな水に恵まれた東北には6県合計で58の酒特区がある。どぶろくでは各生産者が創意工夫を凝らし、全国をけん引している。新型コロナウイルス禍の中、酒造りには厳しい状況が続いた。ただ、ここに来て生産や販促などを活発化する動きが出ている。

5月中旬、阿武隈高地に広がる里山のブドウ畑が点在する一画に、約150人の観光客が押し寄せた。ワイン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1571文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン