/

この記事は会員限定です

静岡上場企業の前期、コロナで損益明暗 7社赤字転落

[有料会員限定]

静岡県内の上場企業の2021年3月期の決算が出そろった。新型コロナウイルス禍の影響で自動車関連を中心に売り上げを大きく減らす企業が相次いだ。一方で「巣ごもり需要」を取り込んだ企業の中には最高益を更新した会社もあるなど明暗がくっきり分かれた。22年3月期は電子ピアノの売り上げ拡大を見込む楽器各社など増収増益を見込む企業が多い。

日本経済新聞社が県内の主な3月期決算の上場企業32社(銀行を除く)を対象...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1093文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン