/

この記事は会員限定です

ポークランド、北秋田市に新養豚場 出荷頭数1・4倍に

[有料会員限定]

養豚大手のポークランドグループ(秋田県小坂町)は、北秋田市に年間6万5000頭を出荷する新養豚場を整備する。需要の拡大に対応し、豚熱など家畜の疾病による経営リスクを分散する狙いもある。国の補助金を活用し約70億円を投じる計画で、2024年度に出荷頭数を現在の約1.4倍の21万1000頭に引き上げる方針だ。

新養豚場は北秋田市山間部にある七日市地区の約13ヘクタールに整備する。秋田自動車道や大館能代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り879文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン