/

この記事は会員限定です

島根の道の駅、愛媛の武道館 県産材の活用進む 

データで読む地域再生 中国・四国

[有料会員限定]

国産木材を公共建築物に活用する動きは中四国でも広がっている。建物の主要部に木材を使った公共施設の割合(木造率)で、島根県は2015~20年度の平均が22.5%と中四国で最も高い。県産材の活用指針を設け、林業の大切さを教える「木育」に取り組む自治体も多い。地元の資源を「脱炭素の地域づくり」に生かそうとしている。

国は10年に公共建築物木材利用促進法を施行し、役場や学校など公共施設の木造化を促してき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン