/

この記事は会員限定です

埼玉県内4信金の21年3月期、2信金で実質業務純益増

[有料会員限定]

埼玉県内に本店を置く4信用金庫の2021年3月期単独決算が出そろった。本業のもうけを示す実質業務純益は2信金で増えたが、2信金で減った。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う業況悪化で手元資金を確保しておきたい企業の動きから貸出金は全信金で伸び、過去最高となった。

実質業務純益は埼玉県信用金庫(熊谷市)で前の期比7%、青木信用金庫(川口市)で77%増加した。有価証券利息配当金の増加や人件費など経費削減...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り797文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン