/

横浜市と川崎市、「10万円」年内に一括現金で

横浜市と川崎市は15日、政府が経済対策に盛り込んだ18歳以下への10万円相当の給付について年内に現金で一括支給すると発表した。政府が全額の現金給付を容認したため、申請手続きが不要な児童手当受給世帯に先行して給付する。

横浜市はこれまで10万円相当のうち5万円分のクーポンについて別途、現金で支給するとしていたが、年内一括での支給に方針を変更した。川崎市の福田紀彦市長は「スケジュールを再検討したところ可能と判断した」とし、27日に一括支給を目指すとしている。

10万円相当の給付を巡っては、神奈川県厚木市などがすでに年内に現金で支給すると発表している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン