/

松江市、コロナで打撃の中小事業者に給付金 

松江市は16日、新型コロナウイルス感染症対策などを盛り込んだ一般会計約7億円の6月補正予算案を発表した。打撃を受けている中小事業者の事業継続支援へ給付金を支給する。

6月補正予算案などについて説明する松江市の上定昭仁市長

給付金制度は飲食店以外も広く対象にする。法人の場合は1事業者あたり20万円で個人事業者だと10万円。21年1~5月のうち連続3カ月の売上高の合計が、前年同期または前々年同期比で50%以上落ち込んでいることが条件となる。

飲食店の支援へプレミアム付飲食券も発行する。6000円分(500円券を12枚)を4000円で販売し、3万セットを発行する。松江市は宍道湖や中海、日本海など水に恵まれた都市であることから、海藻や水草を二酸化炭素(CO2)など温暖化ガス削減の排出量取引に活用できないかを探るための調査費なども盛り込んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン