/

この記事は会員限定です

東京の規模別協力金、申請手続きに難題 売上高どう確認

[有料会員限定]

東京都が「まん延防止等重点措置」期間の営業時間短縮要請に応じた飲食店などに支払う規模別協力金で、申請手続きの策定が難航している。店の売上高などに応じて支給額を変える仕組みだが、店ごとの売上高の把握が難しいためだ。都は公正さを保ちつつ手続きを簡素化する方法に苦慮している。

中小企業の場合、店の売上高に応じて1日あたり4万~10万円の協力金を支払う。19年度または20年度の売上高が1日あたり10万円以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り668文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン