/

ウエストHD、純利益47%増 太陽光再生事業が好調

太陽光発電設備大手のウエストホールディングス(HD)が15日発表した2021年8月期の連結決算は、純利益が前の期比47%増の64億円だった。太陽光発電所の再生ビジネスが軌道に乗り、利益を押し上げた。世界で脱炭素の潮流が広がるなか、再生可能エネルギー電源を保有したい企業の買い取り需要を取り込んだ。

売上高は10%増の679億円、営業利益は41%増の101億円だった。同社は既存の太陽光発電所を買い取り、補修して売却する事業を20年9月に本格的に始めた。二酸化炭素の排出を減らしたい企業の需要を取り込み、21年8月期通期の売上高は100億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大を機に営業体制を見直し、出張費などのコストを減らしたことも増益につながった。

22年8月期の連結純利益は前期比10%増の71億円を見込む。配当も年55円と5円積み増す。太陽光発電所の再生ビジネスが伸びるほか、工場の屋根などに設置する小型の太陽光パネルの注文が増えるとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン