/

この記事は会員限定です

静岡ガス、バイオマス発電に50億円超 再エネの軸に

[有料会員限定]

静岡ガスは樹木などを燃料とするバイオマス発電事業を強化する。三菱地所と共同で埼玉県内に2023年春にバイオマス発電所を稼働するのを第1弾とし、静岡県や隣接県で3年以内に10カ所の小規模発電所を設ける計画だ。静岡ガスは50億円以上を投じる。都市ガス主体の事業構造を多角化するため、再生可能エネルギーの軸としてバイオマス発電を伸ばす。

電力子会社の静岡ガス&パワー(静岡県富士市)は3月、三菱地所、再生可能エネルギー事業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン