/

1万円札肖像交代、大分・中津と埼玉・深谷の市長対談

現1万円札の肖像である福沢諭吉のふるさとの大分県中津市と、2024年度に発行される新1万円札の肖像である渋沢栄一が生まれた埼玉県深谷市の両市長が出演するラジオ番組が、7月28日と8月25日、それぞれの地域のコミュニティーFMで放送される。番組では対談などを通じて1万円札の肖像交代を巡る話題のほか、グルメ・観光情報も発信し、地域活性化につなげる。

番組は「一万円のふるさとラジオ」と題し、両日とも午後3時から4時まで中津市のコミュニティーFM「NOAS FM(ノースエフエム)」と深谷市の「FMふっかちゃん」で放送する。中津市の奥塚正典市長と深谷市の小島進市長がオンラインで対談。7月28日は前編、8月25日は後編として放送する。

啓蒙思想家で慶応義塾を創設した福沢諭吉を肖像に採用した1万円札は1984年から発行されている。一方、渋沢栄一は約500社の設立に関与し、「日本資本主義の父」とも呼ばれる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン