/

この記事は会員限定です

長野・飯綱の林檎学校醸造所 リンゴの個性生かし発泡酒

酒紀行

[有料会員限定]

長野県北部の飯綱町では、昼夜の寒暖差が大きく冷涼な気候を生かしたリンゴの栽培が盛んだ。廃校となった町立小学校で2019年に開業した「林檎学校醸造所」では、地元産リンゴの魅力を引き出した発泡酒「シードル」を醸している。

旧三水第二小学校の校舎をリノベーションした複合施設「いいづなコネクトEAST」の1階、かつて職員室だった部屋に醸造所はある。施設には他にカフェや売店、ワーキングスペースなどが入居し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り949文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません