/

この記事は会員限定です

東北の品種登録、福島が増加数トップ 岩手は花を輸出

データで読む地域再生 東北

[有料会員限定]

地域ごとに気象の変化が大きい東北は各地で栽培に適した農作物の品種改良が進む。2021年度(9月末時点)の登録品種数は東北全体で194件と、1994年度比で4倍近く増えた。増加数35件で東北トップの福島県は全国で5位。同7位の岩手県では花の輸出にも取り組んでいる。

福島県は、県として登録済みの33件に加え、現在9件の登録を申請中。コメ、アスパラガス、モモ、ナメコなど15品目と、幅広い作物でオリジナル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1316文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン