/

浜松商議所、会員の平日接種を支援 市と連携で専用枠

浜松商工会議所は浜松市と連携し、会員企業の従業員らが新型コロナウイルスのワクチン接種を平日に受けられるようにすると発表した。市が進める集団接種で、平日に商議所の専用枠を設ける。現役世代の接種が土日に集中するのを緩和する狙い。当面は社会を支えるエッセンシャルワーカーやそれに準ずる業種を優先する。

市と商議所が連携して26日以降の平日に実施する。ザザシティ浜松と市総合産業展示館の2会場を使う。予約には市が発送する接種券が必要で、企業ごとにとりまとめて専用サイトで申し込む。

市内在住の経営者と従業員の計約2万8000人が対象。当面はごみ収集やタクシー、理美容、スーパーなどの業種の約1万8000人を優先する方針だ。

市は17日に12~59歳の約44万5000人に接種券を発送する予定だが、学校や仕事の都合で土日に予約が集中すると懸念されていた。商議所での会員企業向けの職場接種は、ワクチンの供給不足により実現のめどが立っていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン