/

コーセル、22年5月期の純利益15億円 下方修正

電源装置のコーセルは15日、2022年5月期の連結純利益が前期比39%増の15億円になりそうだと発表した。従来予想は26億円で下方修正した。東南アジアの一部地域での新型コロナウイルス感染再拡大や半導体需要の増大などで、電源装置の製造に必要な半導体やコンデンサーなどの価格が高騰しているほか、部品材料の入手が難しくなっているため。原油高による輸送コストの上昇も影響する。

売上高は2%減の265億円を見込む。従来予想は292億円だった。純利益見通しの下方修正に伴い、年間配当も前期比7円増の24円と、従来予想の27円から引き下げた。同社の谷川正人社長は「製品への価格転嫁も検討している」と話す。

同日発表した21年6~11月期の連結純利益は前年同期比27%減の9億4800万円で、売上高は2%増の138億円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン