/

伝統の「川越まつり」、2年連続中止 埼玉

川越まつりは本来であれば多くの観光客が訪れる名物行事だ(2019年10月、埼玉県川越市)

埼玉県川越市は15日、2021年10月16、17日に開催を予定していた伝統行事「川越まつり」を中止すると発表した。主催する川越まつり協賛会が調整を進めてきたが、新型コロナウイルスの感染収束が見通せないことから、実施は困難と判断した。新型コロナの影響による中止は20年に続き2年連続。

川越市や川越商工会議所、観光協会などで構成する同協賛会は今年度の開催に向け、川越まつりで山車を保有する町内会の協議会などと検討を重ねた。その結果、「コロナの収束が見通せない」「十分な感染対策がとれない」など、今年も開催は難しいとの意見が大勢だったという。川越氷川神社の神事のうち、例大祭は例年通り実施する予定。

370年以上の歴史を持つ川越まつりは16年にユネスコの無形文化遺産に登録されるなど、川越を代表する伝統行事として知られる。コロナ拡大前の19年には2日間で88万人が訪れた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン