/

群馬大学発のグッドアイ、入浴剤をファミマで販売開始

群馬大学発スタートアップのグッドアイ(群馬県桐生市)が開発した「サンゴライト化粧水入浴剤」が、群馬県内のファミリーマートで売り出された。昨年11月にグッドアイのオンラインショップなどで発売。今回は東和銀行が仲介し、ファミリーマートでの販売に至った。

同商品は、サンゴなどが堆積してできた天然鉱物のサンゴライトを用いる。グッドアイの会長である板橋英之教授の研究室でサンゴライトの効能を発見し、商品化した。サンゴライトが溶けた湯につかると、皮膚からの水分の蒸散が抑えられ、肌の保湿能力が高まるという。同大医学部との共同の臨床試験では、アトピー性皮膚炎の症状が改善したとの結果も出たという。

学生時代の実験中にサンゴライトの効能を発見した、同社の内田和志さんは「研究結果の裏付けがあり、入っている材料もシンプル」と説明。板橋教授は「肌のかゆみを抑えられるので、アトピー性皮膚炎の人に試してもらいたい」と話した。

100グラム入りが660円、500グラム入りが2640円。県内のファミリーマート80店で販売している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン