/

NTT東日本、埼玉・川越市でスマート商店街実証実験

埼玉県川越市の川越一番街商業協同組合でICT(情報通信技術)・データを活用した「スマート商店街」の実現に向けた実証実験が始まった。NTT東日本埼玉西支店(同市)が同組合の協力を得て実施。観光客には個々人に最適化された「安心・安全」な観光体験を提供し、商店経営者らには効率的で持続可能な観光地づくりに役立ててもらうことを目指す。

実証実験は主に観光客向けのサイト「デジタルお散歩マップ」、商店街の店舗向けの「スマート商店街アプリ」の2つを利用する。

「デジタルお散歩マップ」では、観光客がスマートフォンからQRコードでアクセス。川越に来た目的や同伴者など簡単な質問に答えると商店街のおすすめ店舗の情報を地図と連動した形で提供する。商店街周辺の混雑傾向が地図上で分かる情報やマップを利用している客に店舗側からリアルタイムで空き状況や「お得」情報も提供する予定。

「スマート商店街アプリ」では、NTT東日本がとりまとめた川越エリアの人流や気象、映像などのデータを活用し、商店街を訪れる客数や属性を予測。各店舗が商品企画や仕入れ、イベント企画などを効果的に実施することにつなげてもらう。商店街の5~10店舗が実証実験に参加する見込み。

実証実験は2022年1月末まで。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン