/

この記事は会員限定です

北関東の老舗・有力ワイナリー、時代変化やニーズに対応

北関東ワイン新風㊦

[有料会員限定]

北関東の老舗ワイナリーが、時代やニーズに合わせて進化している。ワインに加えてクラフトビール醸造を開始したり、恒例の収穫祭をオンラインで開催したりと工夫を凝らす。希少種のブドウ栽培と醸造に乗り出す有力ワイナリーもある。

「乾杯!」。10月末の週末、関東鉄道が常総線で運行した臨時列車の車内で、ジョッキを高々と掲げたひとたちが相好を崩した。振る舞われたのは、牛久シャトー(茨城県牛久市)が醸造したばかり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2000文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン