/

京急、平日昼間の久里浜線一部区間で減便 10月18日から

京浜急行電鉄は10月18日から平日昼間の久里浜線・京急久里浜(神奈川県横須賀市)―三崎口(同県三浦市)間の列車本数を減らす。運転間隔は現在の約10分間隔から約20分間隔となるという。新型コロナウイルスの影響の長期化によるものとしている。

午前11時~午後3時に同区間の上下線20本を間引き、一部の電車を京急久里浜発着とする。京急によると平日昼間は同区間の利用状況が2019年に10~20%だったが、新型コロナの影響で21年には10~15%に低迷した。同社は「乗務員の罹患(りかん)防止と利用状況に鑑みた」と説明している。

京急久里浜以南を平日昼は20分間隔にする(神奈川県横須賀市)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン