/

コロナ死者、最多の236人 累計感染者400万人超

新型コロナウイルス感染者の死亡は15日、新たに236人が確認された。200人台は2021年5月18日(228人)以来で過去最多。新規感染者は全国で約8万4千人にのぼり、累計の感染者は400万人を超えた。厚生労働省によると、重症者は前日から10人増えて1403人となっている。

新たな死者は7日以降、9日連続で100人を上回った。15日の死亡を都道府県別にみると、東京が16人、大阪が42人、愛知が28人、兵庫が20人などとなっている。全国の累計は14日時点で約2万500人。変異ウイルス「オミクロン型」流行による感染者の急増に伴い、高齢者の死亡が目立つようになっている。

15日の新規感染者は都内で1万5525人、大阪で1万2597人が確認された。愛知の6662人、岐阜の1234人、栃木の1107人などは過去最多だった。

都内の新規感染者を年代別にみると、40代が2741人と最も多く、30代が2635人、10歳未満が2439人で続いた。65歳以上の高齢者は1462人だった。ワクチンの接種状況別では2回接種済みが7349人、接種なしは4005人となっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン