/

この記事は会員限定です

不動産のリストが「エージェント制」 個人事業者と提携

[有料会員限定]

不動産業のリスト(横浜市)は不動産営業の個人事業者と提携する「エージェント制度」を国内で導入する。主に富裕層向け物件の販売で、同社と提携したエージェント(仲介人)が現地の案内や調査、契約などを担う。働き方を多様化するとともに事業エリア拡大などにつなげる。

エージェント制度は米国などで普及しており、リストも米国・ハワイやシンガポールなどでの事業に導入してきた。研修制度など海外でのノウハウを生かし、グ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り618文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン