/

愛称は「あさみゅー」 福井・一乗谷の朝倉氏遺跡博物館

10月1日に開館する福井県立一乗谷朝倉氏遺跡博物館の愛称が、「あさみゅー」に決まった。13日に福井市内で開催された開館50日前プレイベントで発表した。一乗谷は戦国時代に越前国を治めた大名、朝倉氏が本拠としていた。2024年春の北陸新幹線敦賀開業を控えた観光資源の磨き上げの一環として、県が博物館の整備を進めてきた。

愛称は5月まで公募しており、1400件以上の応募の中から「朝倉氏」と「ミュージアム」を合わせた「あさみゅー」が選ばれた。ロゴは落款をイメージした形で、四隅は朝倉氏の家紋の形状をあしらったという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません