/

消費喚起策「かながわPay」、還元を3万円分に引き上げ

神奈川県は15日、県内限定のポイント還元制度「かながわPay」の還元の上限を3万円分に引き上げると発表した。23日の利用分から適用し、地元での消費喚起などを促す。還元の上限はこれまで1万円分としていたが、利用の伸び悩みを受けて引き上げることにした。

ポイント還元は最大70億円分までとしているが、県によると、現時点の利用は10億円分と15%にとどまっている。黒岩祐治知事は「思ったより利用額が伸びていないのが現状」と認めたうえで、年末年始の県内旅行や高額消費での利用を呼びかけた。

かながわPayはスマートフォンなどにアプリを取り込み、民間のキャッシュレス決済を連携させて支払うことでポイント還元を受ける仕組み。県は当初、ポイント還元額の上限を4000円相当としていたが、10月の開始にあたり1万円分として事業を開始した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン