/

東京都豊島区、職員や区議に職域接種へ 

東京都豊島区は15日、区職員や区議らを対象に新型コロナウイルスワクチンの職域接種を7月から実施すると発表した。会場は池袋保健所内の歯科診療所と豊島区医師会館で、平日夜間に接種する。米モデルナ製ワクチンを使用するため、住民接種への影響はないという。今週中にも厚生労働省に申請する。

対象となる区職員には会計年度任用職員や派遣職員、社会福祉協議会などの外郭団体職員なども含み最大4000人を見込む。区内に在住していなくても接種対象とする。7月上旬から接種を始め、9月中の完了を見込む。窓口で区民に接する職員から優先して打っていく考えだ。

同日会見した斉藤雅人副区長は「住民より優先していいのかという世論もあると思うが、住民接種に全く影響なく別枠をつくるので理解してもらえる」と述べた。

豊島区は医師会や薬剤師会と連携し、クリニックでの個別接種を主体として接種計画を組み立てている。15日午前9時時点で1回目の接種を終えた高齢者の割合は58.2%と全国(14日時点で35.3%)を大きく上回っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン