/

北海道鹿追町、乳牛のふん尿で発電 処理能力4300頭分

データで読む地域再生 まとめ読み

10月15日に公開したシリーズ企画「データで読む地域再生」では再生可能エネルギーのうち、生物由来の資源を燃焼させるなどして発電する「バイオマス発電」を取り上げました。国内の設備容量は5年で2.5倍となるなど存在感を増しています。生み出された電力に色はありませんが、発電に使う燃料に着目して各地の記事を読んで頂くと、その地域ならではの特色が見えてきます。

北海道鹿追町、乳牛のふん尿でバイオガス発電 処理能力4300頭 

川崎市、解体家屋の廃材など燃料に 旧製油所のインフラ活用

宮城県石巻市、立地促進へ税優遇 大震災教訓に電力安定確保

宮崎県川南町、鶏ふん燃やして一石二鳥 発電もごみ処理も

京都府舞鶴市、合板端材を粉砕 「伐採適齢期」の樹木多く

長野県安曇野市、トマトハウスに排熱供給 浄化した排ガスも

三重県四日市市、燃料にパームヤシ殻も 12万世帯分を発電

愛媛県内子町、未利用材で地産地消 燃焼後の微粉で土壌改良  

データで読む地域再生

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン