/

倉敷レーザー、福島の工場を移転・拡張 加工収入2倍に

レーザー加工や精密板金加工を手掛ける倉敷レーザー(岡山県倉敷市)は福島市の工場を移転・拡張する。機械部品や建築資材など幅広い業界からの受注増加に対応する。新工場は11月の稼働開始を見込む。数年後をメドに、加工賃収入を既存工場の2倍以上に引き上げる。

福島市南部の松川工業団地で約1万7300平方メートルの区画を取得し、工場(建築面積約4500平方メートル)など3棟を建てる。総事業費は約22億円。国の震災復興関連の補助金約6億3000万円のほか、市の工場立地への助成約8000万円を活用する。

同社は2012年から、同市西部の佐倉西工業団地で別会社の工場(同約2100平方メートル)を賃借し、関東以北の取引先から受注。年間7億5000万~8億円程度の加工賃収入がある。移転による規模拡大で収入は23年度に10億円とし、将来は18億円を目指す。

今回の立地決定で福島市内12工業団地の全区画が埋まった。市は23~24年度、東北中央道のインターチェンジ付近の工業団地を増設する。造成を終えた土地から順次提供する方針で23年度中に募集を始める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン