/

東京メトロ、広告画面で非常用設備の使い方を案内

走行中の車両内で乗客が刺傷される事件が相次いだことを受け、東京地下鉄(東京メトロ)は15日から車内ディスプレーで非常用設備の利用方法を案内する動画を流し始めた。乗客の手で避難路を確保できるような案内を通じて、緊急時の迅速な避難につなげる。

国土交通省が6月にまとめた車内非常設備の案内に関するガイドラインを踏まえ、ピクトグラム(絵文字)を用いたわかりやすいデザインで使い方を周知する。手動で車両ドアやホームドアを開ける方法や、乗務員につながる非常通報器の使い方などを説明する。操作方法などは日本語と英語で表記する。

さらに2022年度中に非常用設備の場所を知らせるピクトグラムを活用した案内表示を車両内やホームドアに設置する。担当者は「異常時には非常通報器を使って乗務員に状況を伝えてもらい、案内に従って(避難して)ほしい」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン