/

静岡知事選に出馬表明の岩井氏、リニア「住民理解必要」

静岡県知事選(6月20日投開票)への立候補を表明した自民党の岩井茂樹・前参院議員は14日、静岡市内で記者会見を開き「新型コロナウイルス禍を乗り越えるため全力を挙げたい」と語った。県とJR東海で意見の対立が続いているリニア中央新幹線の静岡工区未着工問題については「地域住民に寄り添う姿勢がもっと必要だ」との認識を示した。

静岡知事選への立候補について記者会見する岩井茂樹氏(14日、静岡市)

知事選には現職の川勝平太氏も立候補する意向を既に表明している。リニアに関し、岩井氏は前・国土交通副大臣だったことを踏まえ「国交省だからといって別にリニア推進派ではない」と指摘。「(工事による大井川の流量減少を懸念する)住民の理解、協力がなくては進められない」と強調した。川勝氏が選択肢として主張するルート変更は「技術的には可能だがお金と時間がかかる。いろいろな人の考えを聞き判断すべきだ」と述べた。

岩井氏には自民党と同県連が推薦を決めている。同氏は建設会社を経て2010年の参院選で初当選し2期を務めた。経済産業政務官や党副幹事長などを経て、知事選に出馬するため4~5月に国交副大臣と参院議員を辞職した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン