/

この記事は会員限定です

能登ヒバの端材から日用雑貨 福江翔太さん

拓き人 石川から

[有料会員限定]

北陸鉄道石川線の終点、鶴来駅から車で5分ほどの観光施設「もく遊りん」(石川県白山市)。イタリアンレストランと木の雑貨店で構成し、木材加工の角永商店(同)が運営する。3月、木の切れ端から作った黒板消し型の画面クリーナーが登場した。企画したのが同施設の運営責任者、福江翔太(38)だ。

雑貨店の入り口に、カラフルな黒板消しが並ぶ。本体の上部は石川県産の能登ヒバの端材、下部の布の部分は赤、ピンク、ダイダイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン