/

マスクしたまま顔認証決済 グローリー、新潟10店で実験

グローリーは15日、顔認証決済サービス「BioPay(バイオペイ)」の実証実験を新潟駅(新潟市)周辺10店舗で始めた。新型コロナウイルス対策でマスクをしたままでも顔認証できる。誰でも利用できる複数店舗での大規模な実験は全国で初めてという。新潟市の先端技術実証補助金を活用する。2月末まで実施する。

事前に専用ウェブサイトで顔やクレジットカード情報を登録すれば、店舗のタブレット端末で顔認証するだけで1~2秒ほどで決済できる。新潟市の中原八一市長は15日、実験に参加する飲食店で、マスクしたまま顔認証決済を体験。「想像以上に素早く決済できた。身近なサービスで先端技術の便利さを体験してほしい」と述べた。

グローリーと市は、デジタルトランスフォーメーション(DX)を後押しし、精算業務の効率化や利便性向上につなげる。コロナ感染防止にも役立てたい考えだ。実験は新潟駅、万代、古町をつなぐ約2キロメートルの「にいがた2km」エリアを中心とした飲食・小売りなど10店舗で実施し「手ぶら商店街」をめざす。

グローリーは1918年創業。通貨処理機や電子決済サービスなどを世界100カ国以上の金融機関や流通店舗などに展開している。顔認証決済サービスの実験を近畿大学や箱根小涌園などで進めてきた。スマートフォンを出してアプリを立ち上げる必要もない利便性の高さを体験してもらい、普及に弾みをつける考えだ。

新潟市とグローリーは、今回の実証実験を手始めに、入退店管理も含めた完全無人店舗の実現をめざす。

実験には、新潟市内の「ちゃーしゅうや武蔵」万代店・笹口店、「新潟古町 藪蕎⻨」など計10店舗が参加する。バイオペイで決済すると、先着で特典サービスも受けられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン